セミナー一覧 セミナー詳細

東洋と西洋とIMAC 呼吸を紐解く

セミナー タイトル

東洋医学と解剖学をつなげて臨床に活かす方法

セミナー サブタイトル
日程
2020年11月08日 (日)
時間
16:00 - 18:00
会場
acu-place自由が丘
参加費
8,000円(税込)
このセミナーの受付は終了しました。
セミナー講師写真

セミナー概要

東洋医学と西洋医学のそれぞれの視点から『呼吸』を紐解きながら、2つを組み合わせて臨床で活かせるように評価の方法と調え方の基本をお伝えするクラスです。
.
「東洋が言う『氣』は目に見ないし、脈診も腹診も難しくて、東洋よく分かんない…」
っていう鍼灸師さんもいれば、
「解剖学や運動学を学校で詳しく習わないので、動きの評価の仕方を知らない…」
っていう鍼灸師さんもいます。
そして、
「東洋と西洋はそれぞれ言ってることが違うから一緒には使えないよね…」
と思ってしまっている鍼灸師さんはすごく多いと思います。
.
今回のクラスでは、東洋医学の考え方を安部が、西洋医学の考え方を大饗がそれぞれ説明してから、2つの考え方が繋がるように呼吸の評価と治療の仕方の基本をお伝えして、実際に皆さんに体験、練習して頂く予定です。

セミナー講師紹介

講師写真
  • 安部雅道
  • 所属:風の音治療院 院長
  • 資格:鍼灸師
  • 患者さん自身で元気になれるように、今ある症状の根本の原因を見つけ、日常生活でできることを伝えるコトを大事に治療をしています。
  • そのために、一般の方向けの食事や季節の過ごし方、生理の調え方などの東洋医学のセミナーを開催しています。
セミナー講師写真
  • 大饗将司
  • 所属:acu-place自由が丘 院長
  • 資格:鍼灸マッサージ、柔道整復
  • 鍼灸マッサージ師・柔道整復師。整骨院の院長を経て野球選手のパーソナルトレーナー、2014年より自由が丘で開業。
  • 養成学校で講師としても勤務し、その傍ら、実技重視のセミナーを主催。

セミナー内容

この【東洋+西洋+IMAC】のクラスは、東洋医学と西洋医学の2つの視点をIMACを使ってつなげて、臨床に生かせるように人の体の本質を紐解きながら、問診や評価の方法と調え方の基本をお伝えします。

東洋と西洋では人の体の見方、考え方が全然違うので、2つをうまく組み合わせて臨床に活かしている鍼灸師さんって少ないのですが、ちゃんとつながります。

そして、つなげて考えられるようになると、それぞれの意味がよく分かるようになるので、体の理解が深まってより臨床に活かせるようになります。



今回、クラスのテーマを【呼吸】にしました。

呼吸の働きを西洋的に考えれば、ガス交換や自律神経の調整などで、東洋的には通調水道や衛気の管理などがありますよね。覚えていますか?

両方をざっくり合わせると、活動のための元気を補給して、外の刺激から守ってくれて、いらないモノを外に排出して、活動が終わればリラックスモードに切り替える、と言う感じです。



なので、呼吸が乱れるとコレらの働きが乱れて、元気が出なくなったり、気血水の巡りが悪くなったり、いろいろな症状、不定愁訴と言われるような症状が出てきてしまいます。

それを治療をするためには、今の呼吸の状態をしっかりと評価できること、根本の原因を見つけられることが私たち鍼灸師にとっても治療の基本になります。



そのために今回のクラスでは、東洋医学の考え方を安部が、西洋医学の考え方を大饗がそれぞれ説明してから、2つの考え方が繋がるように呼吸の評価と治療の仕方の基本をお伝えして、実際に皆さんに体験、練習して頂く予定です。



実技の時に東洋と西洋を組み合わせて使うためにとっても役立つのが【IMAC】です。

IMACは全身の可動域を評価して調整していく方法なのですが、解剖学とバイオメカニクスだけでなく、経絡の状態も含めた全身の状態を把握することができる方法なので、解剖学的な評価と東洋医学的な評価、弁証をつなげて、太極的に体を見ることができます。

そして、可動域で評価することでツボの効果や治療の結果も客観的に評価することが出来ることも心強いポイントで、診断と治療に自信を持たせてくれると思います。



●呼吸について知りたい方

●臨床で解剖学的な呼吸の評価法を知りたい方

●東洋医学的な呼吸の意味、調え方を知りたい方

●東洋と西洋を合わせて使えるようになりたい方

●IMACについて知りたい方

●ツボの触診、選穴をできるようになりたい方

『呼吸を紐解く】をテーマにして、東洋と西洋のそれぞれの考え方と、IMACを使って東洋と西洋を組み合わせた使い方をお伝えしていきますので、臨床のために視野を広げて、そして、深く学びたい鍼灸師さんはぜひぜひご参加ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

セミナー受講対象者

鍼灸師、鍼灸学校の学生

セミナー期待できる効果

解剖学的に呼吸の状態を評価できるようになる。

東洋医学を臨床で活かせるようになる。

解剖学と東洋医学がリンクすることを実感できる。

可動域の評価の仕方が分かる。

ツボで可動域が変わることを知ることができる。

セミナー主催者からのメッセージ

東洋医学と解剖学は別物だと思っている鍼灸師は多いと思いますが、つなげて使う方法を知らないだけで、しっかりと繋がります。
このクラスでは、解剖学的に呼吸を評価して、呼吸をどう調えるのか、ということをお伝えします。
そして、その解剖学的な評価がどう東洋医学と繋がるのか?東洋医学的な呼吸の考え方と経絡の関係などを合わせてお伝えして、皆さんが東洋と西洋を合わせて使えるようにお伝えしますので、両方を臨床に活かしたい方はぜひご参加ください。

セミナー参考画像

セミナー参考画像_01
セミナー参考画像

セミナー詳細

講師
安部雅道
日時
2020年11月08日(日) 16:00 ~ 18:00
申込期限
2020年11月08日(日)
受付時間
2020年11月08日(日) 15:45 より
定員
10 名
参加費
8,000円(税込)
会場
acu-place自由が丘
会場住所
東京都目黒区自由が丘1丁目7-3 601号  [地図で確認]
アクセス
自由が丘駅から徒歩5分
持ち物
筆記用具
主催・共催
風の音治療院、acu-place自由が丘
当日の連絡先
090-2874-7697